ふるさと納税の仕組みとは?始め方を詳しく紹介!

ふるさと納税の仕組みとは?始め方を詳しく紹介!
あき

ふるさと納税やったほうがいいってよく聞くけど、難しそうだよね…

ふるさと納税の仕組みが知りたい!
ふるさと納税ってどうやって始めるの?
・確定申告は必要?

この記事ではこんなお悩みに答えていくよ!

ふるさと納税に興味はあるけど、「自己負担金」「控除限度額」「ワンストップ特例」など難しい言葉が並んでて後回しにしている人も多いんじゃないかな?

ポイントを押さえれば簡単にできるし、各自治体が工夫を凝らした返礼品を探すのも楽しいよ〜♪

みんなの不安が解消できるように詳しく解説していきます♪

こんな人におすすめ♪
  • ふるさと納税仕組みを知りたい人
  • ふるさと納税を始めてみたい人
  • 節税や減税したい人
  • お得に納税したい人
はる

とっても簡単だから、やらない方がもったいない!

納税額を簡単シミュレーション!

目次

ふるさと納税の仕組みとは?

https://r.r10s.jp/evt/event/furusato/guide/_pc/img/20210416/img_about_ph03.jpg
あき

ふるさと納税ってそもそも何?

まずは仕組みから説明していくね♪

税金の一部を応援したい地域や自治体に寄付することで、特産品やお礼の品をもらうことができる制度だよ◎

過疎などで税収が減少している地域と都市部との地域間格差を是正することが目的で始まったんだって!

はる

簡単に言うと、来年払う住民税を今年寄付として先払いすることで自己負担2,000円で様々な返礼品をもらうこと

あき

なるほど!
でもふるさと納税することでどんなメリットがあるのかな?

ふるさと納税のメリット

https://r.r10s.jp/evt/event/furusato/guide/_pc/img/20210416/img_rakuten_local_ph05.jpg

そんなふるさと納税がお得な理由を紹介していくよ◎

返礼品がもらえる

一番大きなメリットは返礼品がもらえること◎

ふるさと納税に取り組んでいる各自治体は寄付のお礼として、寄付金額の3割以内に相当する返礼品を用意しているよ!

利用者はふるさと納税で各地域の特産品や情報に触れることができるから、応援したり親近感を抱くきっかけになるよね♪

はる

ふるさと納税の返礼品で旅行気分も味わえちゃうよ〜◎

税金が控除される

ふるさと納税は寄付金額から2,000円を超えた部分に対して所得税および住民税が控除されるよ◎

あき

つまり、実質2,000円の自己負担で返礼品を受け取れるってことだね!

ただし、控除額には上限があるから注意してね!

ワンストップ特例制度を利用した場合は所得税からの控除は行われず、所得税控除分も含めた控除額全額が翌年度の住民税減額という形で控除される

寄付金の使用目的が選べる

さらにふるさと納税では、寄付する自治体を選べるだけでなく寄付金の使い方も自由に選択できるんだよ〜♪

自治体ごとに教育や子育て、まちづくり産業復興や災害支援など様々な寄付の使用目的が用意されているよ◎

はる

税金の使い道を自分の興味関心のある分野に限定できるのも魅力だね!

あき

やったほうがいいってことはわかったけど、やらなかった場合と実際どのくらい差があるのかな?

例えば、年収500万円独身の人の場合だと…

ふるさと納税した人
してない人
  • 「自己負担2,000円」で61,000円分寄付
  • 約18,300円分の返礼品ゲット!
  • 来年払う住民税は約250,000円!
  • 約310,000円の住民税を来年納めるだけ

来年払う住民税を今年寄付として先払いすることで自己負担2.000円で様々な返礼品がもらえるふるさと納税は、こんなに差があるよ!

はry

よくわからないからやらないのは、もったいない!!

始め方を詳しく紹介!

https://r.r10s.jp/evt/event/furusato/_cmn/img/logo.svg
あき

お得なことがたくさんあるふるさと納税、早く始めたくなったよね!

ここからはふるさと納税の始め方を説明していくね♪

控除限度額を確認する

まずは自分がいくらふるさと納税できるのかチェックしよう♪

楽天ふるさと納税では簡単にいくら納税できるかシミュレーションすることができるよ!

・年収
・家族構成
・扶養家族

といった情報から目安を出せるよ◎

あき

ざっくりとしたシミュレーションではなく詳細が知りたいって人は、源泉徴収をもとに調べることもできるよ〜!

はる

今年の源泉徴収は12月にもらえるから、ふるさと納税を1〜11月の間にする場合去年の源泉徴収を目安にシミュレーションしよう!

寄付したい自治体や返礼品を選んで寄付する

ふるさと納税はいろんな自治体のサイトできるけど、楽天ふるさと納税がとっても簡単にお得にできるよ♪

楽天ふるさと納税の魅力!

楽天市場の会員情報を使って寄付できる
楽天ポイントが貯まる&使える
魅力的な返礼品、地方豊かな自治体のページ
返礼品レビューやランキングが充実

レビューやランキングあると初めてでも返礼品を探しやすいよね!

あき

楽天ポイントをうまく使えば、自己負担金の2,000円分も実質タダになることも♪

でも注意点もあるよ!

注意点!
  • 名義が本人であること
  • ワンストップ特例制度を使うときは申請書の送付を「希望する」を選択する
  • 寄付しすぎに注意
  • お買い物ではなく「寄付」である
はry

きちんと確認しないとお得なつもりがお得になっていないことも…!

返礼品や寄付受領証を受け取る

寄付が終わったら、返礼品を待つだけ!

でも返礼品が届くまで数週間から数ヶ月かかることもあるよ〜!

また、インターネットで手続きした場合「寄付金受領証証明書」が郵送で送られてきます◎

あき

この「寄付金受領証証明書」は確定申告をする人は必要だから大切に保管しておいてね♪

控除の手続きをする

最後は控除の手続き申請だよ♪

申請方法は2つ!

ワンストップ特例制度
・確定申告

はる

ワンストップ特例制度を使うと確定申告が不要になるから、初心者におすすめ!

ワンストップ特例制度のやり方
STEP
寄付した自治体からワンストップ特例制度の申請書類が届く

万が一無くしてしまっても寄付をしたふるさと納税のサイトからDLできるよ♪

STEP
必要事項を入力しマイナンバーや個人情報のコピーを添付

マイナンバーカードがない場合は、通知カードまたは運転免許証などの本人確認資料が必要だよ!

STEP
翌年の1月10日必着で返送する

後回しにしているといつの間にか期限を過ぎてるなんてこともあるから早めに提出しようね♪

あき

とっても簡単だね!
確定申告がよくわからなくて不安な人はワンストップ特例制度を利用しよう◎

ただ、ワンストップ特例制度を利用するには条件があるよ〜!

誰でも使えるわけじゃないからしっかり内容チェックしようね◎

ワンストップ特例制度を使う条件
  1. 寄付先が5自治体以内
  2. 確定申告をしない
  3. 年収200万円以内
  4. サラリーマンなどの給与所得者である
はる

会社員で確定申告をしなくて、寄付する自治体を5つ以内にすればワンストップ特例制度を使えるってことだね!

医療費控除や住宅ローン控除で確定申告をする人は、ワンストップ特例制度が使えないから確定申告が必要だよ◎

ワンストップ特例で超簡単!

ふるさと納税の仕組みと始め方まとめ

https://r.r10s.jp/evt/event/furusato/_pc/img/guide/con03_img01.png

ふるさと納税の仕組みと始め方について紹介しました!

ふるさと納税とは…

税金の一部を応援したい地域や自治体に寄付することで、特産品やお礼の品をもらうことが出来る制度◎

はる

ふるさと納税は仕組みがわかったら簡単だったよね!

楽天ふるさと納税なら楽天市場で買い物するような感覚で手続きができるよ!

後でやろうと思っているとあっという間に年末になって返礼品を吟味する時間がないかも?

あき

さらに申し込みの時期によっては返礼品が違うこともあるよ!

品切れになってしまうこともあるから早めにやっておこう♪

返礼品+ポイントももらえる!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次