就活 新婚生活 結婚

【経験者からのアドバイス】恋人に就職先を合わせるとこうなる!

これから就活に臨む学生で、「彼氏と結婚を考えてるから、遠距離になりたくないな」「やりたい仕事が彼氏の勤務地と違うけどどうしよう…」
こういった悩みをもつ就活生は多いと思います。

彼氏が同学年、もしくは年上だった場合は自分が就活の軸に今の彼氏との結婚を考慮すべきか、めちゃくちゃ悩みますよね。

本当にわかります。私も就活生の時、彼氏は1個上だったのですでに就職先が決まっていて、彼氏と勤務地を近い場所にするべきかどうか非常に悩みました。

今回は、そんな経験から今思い悩んでいる人が自分の気持ちに前向きになれるような記事にしています!ぜひ最後まで見て下さいね。

この記事の信頼性

・就活生だったころに仕事を優先するか、恋人との関係を優先するかで非常に悩んだことがあるため、同じ境遇の方の気持ちがわかる

・就活を乗り越えて結婚できたので、先輩として今悩んでいる方に的確なアドバイスができる

私の実体験

私は就活を始めた大学3年生の当時、1年上の先輩と付き合っていました。

3月の就活シーズンが始まったときには当然、既に彼氏は就活を終えていましたが、勤務地はまだ決まっていませんでした。

4月になり、彼氏の勤務地が希望通り関西に決まりました。

遠距離になることは出来るだけ避けたいと思っていたものの、興味のある会社は全国転勤の企業が多く、「やりたいこと」と「勤務地」の間でとても悩まされました。

また、一番興味のある業界は、平日休みがほとんどで、休みが完全にずれてしまう点もとても悩みました。

結局私は、彼氏と一緒にいれる可能性の高い、関西で転勤がない企業に絞って受けることに決めました。

このような決断になったのは、同じような経験をした友人からのアドバイスで、「仕事」よりも「恋愛」を優先してもいいという考えが生まれたからでした。

私は、就活が「人生が全て決まるような一大イベント」だと思い込み、未来が約束されたわけではない彼氏に合わせるよりも、自分が一番興味のある会社を受けたほうがいいのではないかとも思い、毎日悩んでいました。

また、「恋愛」を優先するようなことは、他人に合わせて人生を決めている、そんな風に思われてしまうのではという考えがありました。

そんな中、中学校来の友人に相談したところ、「仕事も人生の大きなものだけど、結婚って人生においてもっと大切じゃない?」と言われ、ハッとさせられました。

就活に頭をいっぱいにさせられ、仕事が一番大事と思わされていた私にとって、すっと目の前の霧が晴れたような気分でした。

その友人は実際彼氏に合わせて地元を離れて就職しており、とても幸せそうだったためかなり説得力がありました。(今はその彼と結婚しています)それにより、私の心は一気に決まりました。就職先はたくさんあるけれど、今の彼氏は一人しかいない、一緒に居れる時間を大切にしたいと気づかされたのです。

私はこれによって自分が一番大切にしていることに気づき、遠距離になる可能性が低い「関西の会社を志望しよう」、また、休みも合わせて「土日休みにしよう」と決め、その2つが私の就活の軸となりました。

もうそのころには迷いは消えていました。人生において「仕事」も大切ですが、「恋人や家族と一緒にいること」がそれ以上に大切だと思ったからです。

今はこの決断をして本当によかったと思います、好きな人と一緒にいる人生がどれほど大切か毎日感じているからです。友人へ相談していなかったら今の生活はないかもしれないと、友人には本当に感謝しています。

話は戻り、5,6月は企業の面接を受けまくりました。私はメンタルが弱いのでたくさん面接には落ちて、へこむこともありましたが、最終的には関西の会社で興味のあった業界の仕事をできることとなりました。

その当時の彼氏は現在このサイトを一緒に運営している夫です。

今思えば、「彼氏と一緒にいれる企業に就職する」という就活の軸をきちんと設定していて本当に良かったです。

もし、勤務地にこだわらずに就職して遠距離になっていたら、今頃一人ぼっちで婚活をしていたかもしれません。

そう考えると、就活の際に「今の恋人と将来一緒になりたいか」を真剣に考えて、相手と話すことは本当に大事だと思います。

恋人に勤務地を合わせるメリット

ここからは、恋人に就職先を合わせるべきか否かを判断するために、そのメリットとデメリットについてお話していきます。

まずは恋人に勤務地を合わせるメリットを紹介しますね。

メリットは簡潔に言うと、1つです。

結婚できる可能性が上がる

一番のメリットはこちらです。遠距離恋愛にならずに済むので、別れのリスクが当然減りますよね。

今の恋人との結婚を本気で考えているのであれば、勤務地は合わせておく方がよいです。

とはいえ、遠距離で月に1回会うぐらいがちょうど良いというカップルは、就職の際に勤務地を考える必要はそこまでないと思います。

つまるところ2人の考え方次第ではありますが、大学時代から週に1回程度は会っていた、または半同棲していたという人は、遠距離になるときついでしょう。

ちなみに、マイナビが独自に集計したデータ(2017年)では、「就活の際に結婚を意識して就職先を選んだ人の割合」は、40%でした。

その中には、もちろん恋人と同じ勤務地を選んだという人もいて、意外に多くの人が恋人との結婚を意識して就活していたことがわかります。

恋人に勤務地を合わせるデメリット

次に恋人に勤務地を合わせるデメリットを紹介します。こちらはメリットよりも数が多いですが、デメリットの方が大きいというわけではないのでご安心を。

就職を検討する会社が絞られる

既に恋人が働いている地域、もしくは一緒に働こうとしている地域に営業所がある会社でなければなりません。

もし、あなたが総合職を目指しているのであれば、全国転勤のある大企業に就職してしまうとどこの地域が最初の勤務地になるかは分からないことが多いです。

そのため、全国に支店があるような大企業には就職しにくくなるというデメリットがあります。

一般職の人は問題ないですね。

就職後に恋人と別れると後悔する可能性が高い

「恋人と同じ地域で働く」を就活の軸にして就職したとします。

もし数年後に今の恋人と別れてしまったら、就職した会社に不満があった場合、自分の選んだ就活を後悔してしまう可能性が高いです。

「どうせ別れるなら、自分のやりたい仕事をやるべきだった」と思ってしまうこともあるので、就活の前に恋人ときちんと今後について話しておくことが大切です。

私自身、就活の前から二人で「結婚しよう」とはよく言っていたので、もちろん不安はありましたが、彼氏に勤務地を合わせるという決断をすることができました。

ポイント

恋人と同じ勤務地を選ぶと結婚できる確率は上がるが、仕事がうまくいっていないと別れたときにはリスクがある

勤務地が恋人と離れ離れになってしまった場合

ここからは自分のやりたい仕事や就職したい会社を優先して、勤務地が恋人と離れ離れになってしまった際に発生する問題と、その解決策をお伝えしていきます。

よく私のところには、「自分のやりたい仕事と結婚したい相手との関係、どちらも大切にしていくことはできるのでしょうか?」という質問をしてくれる人がいます。

この答えに対する答えは、「正しいやり方をすればできます」になります。

それではどうすれば、あなたの欲しいものを全て手に入れられるかをお話ししていきますね。

定期的に会うようにする

一番大事なことは、やはり実際に顔を合わせて一緒にいることです。

遠距離になると当然会える回数は減ってしまいますが、その中でもお互いが会える時にはできるだけ会おうという気持ちをもつことが大切なことです。

社会人になってから遠距離になって4年後に結婚した私の友人は、月に1回は会えるように2人でスケジュールを調整していたと言います。

社会人になると仕事の同僚や上司との予定もあり忙しい日々が続きますが、恋人との関係を重視するということが結婚へとつながる大事なコツだということがわかります。

連絡は頻繁に取り合う

LINEは毎日でなくとも頻繁に送り合うことも遠距離恋愛を上手くいかせるコツです。

遠距離でなくても毎日LINEをしているカップルの方は、これについては心配いりませんが、合う回数が減るので、連絡の回数まで減ると相手を不安にさせてしまうかもしれないと、想像力を働かせましょう。

ケンカの仲直りはすぐにしよう

今までよりも会える回数が減るので、ケンカした後にまたすぐに会って仲直りということが中々できなくなります。

ケンカしたまま雰囲気の悪い状態が長い間続くと、別れの原因になってしまうリスクが高いです。

なので、相手のことを大切に思うなら、雰囲気が悪くなったと思ったらすぐに切り替えて仲直りするようにしましょう。

会いに行く費用は気にしない

遠距離になると、一回会うだけでも新幹線や夜行バス代がかかるようになります。

一回会いに行くだけで何万円かコストがかかると思うと、会いに行くのが億劫になると思います。

しかし、それが原因で会いに行かなくなってしまっては結婚への大きな障害となってしまいます。

コストの話は、お互いに交互に出し合うようにして不平等感をなくしましょう。どちらか一方だけが負担して不満を抱えてしまうと別れの原因になることが多いです。

そして、コストが気になるようであれば早く結婚してしまいましょう!

まとめ

私たちは就職の際、「結婚するために勤務地を近くにする」という選択をしました。そうして、最終的に結婚することができました。

しかし、それだけが幸せの形ではなく、遠距離になってもお互いのことを思い続けて結婚にまでたどり着いたカップルもいます。

どちらが良いのかという優劣はないので、あなたと恋人にとってどの選択肢が一番良いのかを悩み、話し合うことが一番大切です。

是非この記事を読んでくれたかたは、パートナーと話し合って一番お互いが幸せになれる道を選んでほしいです。

ちなみにこのサイトでは、共働き新婚生活に関する記事も書いているので、興味がある方はぜひご覧ください!

投資はギャンブル?ギャンブルとの違いをわかりやすく解説【超初心者向け】

続きを見る

-就活, 新婚生活, 結婚

© 2022 はる夫婦の自由な暮らし Powered by AFFINGER5