PS4 RPG アクション ゲーム

【名作】PS4でリマスター/リメイクされたおすすめゲーム10選をレビュー付きで紹介!

PS2やPS3で発売されたソフトで名作と呼ばれる作品はたくさんあります。昔プレイした面白いソフトを懐かしく思い出し、もう一度遊びたくなる時がありますよね。

そこで今回は、絶対にハマるPS4でリメイク・HDリマスターされた作品を紹介します!PS4でリメイク・HDリマスターされるほどの作品なので、過去にプレイしたことない方でも必ず熱中できるのでおすすめです!

ファイナルファンタジーやテイルズ、バイオハザードシリーズの人気作から、クラッシュバンディクーのような懐かしい作品まで全てお見せします!

またリマスター化されていない作品でもPS2では、名作と呼ばれるゲームが多く生み出されました。RPGアクションは、特に今遊んでも面白い作品が盛りだくさんなので、PS2ゲームを久々にやってみようという方はぜひ他記事も読んでみて下さい!

PS4本体の発売について

「久々にゲームしたくなったけどPS4持ってない!」という方はamazonや楽天でだいぶ安くなっているので、PS5が発売された今が買い時です!

amazonを見ていると、中古で¥25,000程度ですね。PS4の値段は長年観ていますが、大きく下がるということはほぼありません。そのため、1,000円や2,000円安く買うために1年も待つのは得策とは言えません。

欲しいと思ったときに購入するのが一番良い選択ですね。

amazon.co.jp

ファイナルファンタジー X/X-2 HD Remaster

こんな人におすすめ

  • RPGにおいてストーリーを重視する方
  • ターン制バトルが好きな方
  • ファイナルファンタジーシリーズをやったことがない方

2000年代で最も偉大なRPGがHD版で復活!

高評価ポイント

このゲームは本当に語っても語りつくせないほどの内容になっています。本当にこのゲームが作られたのが20年前なのか、疑いたくなります。

ストーリーは本当に感動的です。ざっと概要を説明すると、
召喚士・ユウナは、世界中で破壊行為を行う「シン」という巨大な怪物を倒すための旅をしています。ユウナの目的は、「シン」をも倒すことができるという召喚士の最終奥義「究極召喚」を完成させることです。

その旅路の途中、ザナルカンドという聞いたこともない世界の街から来たという主人公のティーダに出会います。ティーダは自分のいた世界に戻る手がかりがあるかもしれないと思い、この旅に護衛として帯同します。
この出会いが切ない結末に繋がっているとは知らずに…

「どうしてティーダは異世界に飛ばされたのか?」「究極召喚の真実とは?」一つ一つの真実が明かされていくにつれ、このストーリーから目が離せなくなります。

RPGにストーリーは欠かせない要素だと考える方は、必ずやってほしいです。海外のリアクション動画をYouTubeで見てもらったらわかりますが、エンディングでみんなめちゃくちゃ泣いています(笑)

バトルは従来のFFのシステムを基本的には踏襲しているターン制です。ただ、完全に同じではなく、順番が画面右上に出ているので戦略が立てやすく、頭脳戦になります。
キャラクターもバトル中に変更できるので、色々な戦略がとれてプレイ中に飽きを感じさせません。

また、植松伸夫さんというFFの作曲を初期から担当している作曲家が作ったBGMは物語の雰囲気にピッタリで、音楽を聴いているだけでも涙が出てくるほどのクオリティになっています。

低評価ポイント

JRPGらしく基本的には1本道ゲーになっていますので、オープンワールドのゲームがしたい方には向いていないかもしれません。

JRPGの頂点をとったスクエアエニックスの傑作を、ぜひRPGが好きではない方も体験してみて下さい。

クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!

こんな人におすすめ

  • アクションゲームが好きな方
  • クラッシュバンディクーをPSでプレイしていた方
  • ステージをクリアしてくマリオのようなゲームが好きな方

あのクラッシュが3本セットで帰ってきた!

高評価ポイント

クセになるアクションが多くのプレイヤーを虜にしたクラッシュバンディクーシリーズがなんと1~3まで1つのディスクになってプレイできるようになりました。

クラッシュ・バンディクー

クラッシュ・バンディクー2 〜コルテックスの逆襲!〜

クラッシュ・バンディクー3 〜ブッとび!世界一周〜

の3作が収録されています。最近はアプリでもクラッシュバンディクーをプレイできるようになり、話題を集めていましたが、やはりプレイステーションでやるクラッシュの方がスリリングでワクワクしますね!

雪山・火山・海の中、色々なステージがあって、次はどんなステージなんだろうとワクワクできるゲームです。
気軽に楽しめる作品ですので、発売待ちのゲームのつなぎなんかにもぴったりです。

低評価ポイント

良くも悪くもシンプルなアクションになりますので、飽きてしまう方は早めに飽きてしまうかもしれません。それでも、価格が安いのでダメージは少ないです。

幼いころにプレイして、何度もゲームオーバーになった記憶があります(笑)昔にプレイしたことがある方は、今やったらどのぐらいできるようになっているのか試すのも面白いですね。

テイルズオブヴェスペリア

こんな人におすすめ

  • アクションRPGが好きな方
  • キャラクター同士の掛け合いが好きな方
  • テイルズシリーズを未プレイの方

テイルズシリーズの歴代№1のおすすめ作品!

高評価ポイント

PS3で発売されていた本作ですが、PS4でリマスター版が発売されました。変更点自体は多くはなく、DLCで発売されていたコスチュームが追加されていることや解像度の向上になります。

まずこのゲームの評価が高い点は、戦闘システムです。

シンプルな操作で、特技・奥義・スキル変化技という3種類の技を組み合わせることで、コンボを決めて気持ちよくプレイすることができます。そしてオーバーリミッツを使用した術技を決めることで、敵に大ダメージを与えることができます。

また、今までになかった戦闘システムとしてフェイタルストライクという、タイミングよくボタンを押すことで雑魚敵を一撃で倒せるという機能が追加され、これまた爽快感がアップしています。

また、テイルズシリーズでは仲間になるキャラクターを全員操作することができるのですが、8人全員がそれぞれ個性のある戦い方をすることができ、バトルに飽きがこない大きな要因になっています。

個性的なキャラクターたちの掛け合いや、裏切りや衝撃の事実、そしてテイルズらしい考えられるストーリーなど、RPGに欠かせない要素もしっかり入っていて人気を集めた理由がわかります。

低評価ポイント

PS3のオリジナル版からの変更点は、有料DLCコンテンツぐらいですので、PS3を持っている方はPS4のリマスター版を購入する意味があまり見いだせないです。

鬼武者

こんな人におすすめ

  • バッサリ感のあるアクションゲームが好きな方
  • 戦国時代の雰囲気が好きな方
  • スリルのあるアクションが好きな方

鬼武者となって強力な幻魔を倒す爽快感!

高評価ポイント

なんと17年ぶりにリマスター化された鬼武者。PS2時代にプレイされた方で、それ以降続編が発売されずに悲しい思いをしていた方も多いのではないでしょうか?

ストーリーを簡単に説明すると、鬼武者というのは実は敵ではなく、主人公のことで、明智左馬介という名前です。
敵は幻魔と呼ばれる妖怪で、主人公は左手についている篭手で幻魔の魂を吸収して、強力な力を得ることが出来ます。
雪姫というヒロインが幻魔に連れ去られてしまうので、姫を助けに行くというのがこのストーリーの主題です。

戦闘はPS2の作品ということもあり、シンプルでありながら面白いです。攻撃のボタンは1つですが、幻魔からの攻撃を受ける直前にボタンを押すことで、「一閃」と呼ばれる一撃必殺で雑魚敵を倒すことが出来ます。

失敗するとダメージを受けてしまうリスクの高い技なのですが、一閃が決まるとめちゃくちゃ気持ちいいのでついつい狙ってピンチに陥りがちです(笑)

ゲームの進行は、敵を倒しつつ謎解きをして、次のエリアへ進むという流れです。謎解きがあるのは、バイオシリーズが有名なカプコンだからかもしれません。ある意味、戦国バイオハザードという二つ名が付きそうです。

また、PS4版とオリジナル版の違いは下記の通りです。

  • グラフィックの高解像度化
  • ワイド画面対応・画面比率の切り替え
  • 画面スクロール機能
  • 新操作対応 & 低難易度の開放
  • 日本語ボイスを新規収録

この中でも一番の違いは、新操作対応でしょうか。PS2ではアナログスティックでの操作に対応していなかったのですが、PS4版ではアナログスティックで操作することが出来ます。

これによって、スピーディーかつ直感的な操作ができるようになりました。口コミではPS2版をプレイしたことがある方からの、「よりアクションが面白くなった」との評価の声が多いです。

低評価ポイント

少し残念な点は、固定視点でのアクションになる為、戦う場所が悪いとどこに敵がいるか分からなくてダメージを食らってしまう点です。オリジナルがPS2のゲームなので、私はそこまで気にしませんでしたが、改善点ではありますね。

パタポン

こんな人におすすめ

  • リズムゲームが好きな方不得意でもok
  • 敵の動きを読むアクションゲームに興味がある方
  • かわいいキャラが好きな方

リズムゲーム×アクションゲームがここまで面白いとは!!

高評価ポイント

PSPで2007年に発売されたリズムアクションゲーム「パタポン」のPS4でのリマスター版になります。
オリジナル版との違いは、綺麗なグラフィックでこの名作をプレイできる点ですが、グラフィックうんぬんよりもこのゲームを知らない方に面白さを伝えたいです!

パタポンはタイミングよく○×△□を押すリズムゲームなのですが、他のリズムゲームと異なる点は、押すボタンを自分で選んで、その選んだコマンドによって敵を倒したり前進していく、横スクロールのアクションゲームという点です。

これがどういうことかと言うと、パタポンたちはプレイヤーが押したコマンドの通りに次のターンの動きをします。前進したければ4拍子で□□□○とコマンドを入力、敵に攻撃したければ○○□○と入力して指示を出すという、アクションゲームなのです。

敵の行動を見切って、「次は攻撃される」と思った場合には、守りを固めるコマンドを4拍子に合わせて押します。こういうところは非常にアクションゲームらしくてユニークなところで私は大好きです。

また、逆に最もリズムゲーらしいところは、タイミングよくボタンを押し続けていると「フィーバー」という状態になり、パタポンたちが強化される点です。
とはいえ、結構タイミングがシビアなので難しくて不満だという評価もあります。

低評価ポイント

既にふれましたが、フィーバーのタイミングがシビアなのでリズム感がない人には少し大変かもしれません。私がそうでした(笑)

その点を改善したのがパタポン2なので、リズムゲームが苦手だという方はそちらもダウンロード版が発売されているのでおすすめです。

キングダム ハーツ - HD 1.5+2.5 リミックス

こんな人におすすめ

  • キングダムハーツシリーズを未プレイの方
  • 1枚のディスクで百時間以上遊びたい方
  • ファンタジーなアクションが好きな方

これさえやればあなたもキングダムハーツマスター!

高評価ポイント

このソフトには、下記の6つの過去作が収録されています。

①「キングダムハーツ ファイナルミックス」② 「キングダムハーツ Re:チェインオブメモリーズ」 ③「キングダムハーツII ファイナルミックス」④ 「キングダムハーツ 358/2 Days (映像コンテンツ)」 ⑤「キングダムハーツ バースバイスリープ ファイナルミックス」 ⑥「キングダムハーツ Re:コーデッド (映像コンテンツ)」

④と⑥についてはムービー部分を切り取ったような映像作品になりますので、実際にプレイできる作品は4つです。それでもそれぞれ新作で購入していたら3万円程度になるので、コスパ最強と言えるでしょう。

元々はキングダムハーツ3の発売前に、3へ繋がるストーリーを1本のソフトにまとめたという振り返り用という意味合いもあるのですが、キングダムハーツシリーズ未プレイの方もこれ1本でこれまでのシリーズの全てがわかるという最強の1本になっています。

ゲーム内容としては、王道アクションゲームで、主人公のソラを操作して、グーフィーとドナルドと一緒に色々なディズニーの世界で、「こうげき」「まほう」「アイテム」という基本コマンドを入力して敵を倒していきます。

一番の特徴は、何と言っても様々なディズニーワールドをディズニーキャラクターと一緒に冒険することが出来ることです。リトルマーメイド、美女と野獣、ムーラン、ヘラクレス、不思議の国のアリス、パイレーツオブカリビアンなど、有名作品の世界を堪能してください!

低評価ポイント

1作目のキングダムハーツは戦闘のもっさり感があるので、気に入らない方はキングダムハーツⅡからプレイしてみるのも良いかもしれません。

また「キングダムハーツ Re:チェインオブメモリーズ」はバトルが特殊なので、苦手という方が多いです。

キングダムハーツ気になっていたけど、手を出していなかったという方はぜひこの1本からプレイしてみて下さい!

ファイナルファンタジーⅦ Remake

こんな人におすすめ

  • ファイナルファンタジーⅦを未プレイの方
  • アクションRPGが好きな方
  • ファイナルファンタジーシリーズファンの方

不朽の名作がついにリメイクされて新たな旅へ!

高評価ポイント

2020年に発売されたソフトで最も注目度が高かったのが、この『ファイナルファンタジーⅦ Remake』です。近年、国内では低迷期とささやかれていた本シリーズですが、見事に国内外から高評価を得て、売り上げもわずか4か月で500万本を達成するなど、完全復活を遂げました。

オリジナル版とリメイク版の主な違いは、下記の通りです。

  • ストーリー
  • キャラクター
  • バトルシステム
  • BGM
  • キャラクターボイス
  • フィールド

リメイクなので、かなり内容が違います。その為、オリジナル版をプレイしたことがない方でもまったく問題ありません!

ストーリーは原作を基本としながらも新たなキャラクターや、展開があるため正直今後の物語がどうなっていくのかは、原作をプレイした方でもわかりません。とはいえ、原作をプレイした方には意味が分かるシーンなどもあり、ファンへのサービスもきちんとしています。

PS1の時は、ATBゲージを使用したターン制バトルでしたが、リメイク版ではATBゲージは引き継ぎながらもアクションバトルになりました。そして、ATBゲージが溜まると技や魔法を使用することができます。

当時はキャラクターボイスもなかったので、こうグラフィックで甦ったクラウドやエアリスを見て感動した方々も多いでしょう。

私はオリジナル版を学生の頃にプレイして感動し、リメイクは発売日に購入してプレイしました。どちらも本当に最高のゲームです。リメイク版はオープンワールドのアクションとしても2020年最高傑作と呼ばれるほどですので、プレイして損は絶対にありません。

低評価ポイント

正直これといった低評価ポイントはないのですが、強いていえばマテリアルをパーティーが変わるたびに付け替えるのが少し面倒です。

まだファイナルファンタジーⅦリメイク2が出るまで時間がありますので、リメイクをプレイしてみてから、オリジナル版をやるのも面白いと思います。PS4でダウンロードできますよ。

ワンダと巨像

こんな人におすすめ

  • ICOや人喰いの大鷲トリコが好きな方
  • アクションゲームが好きな方
  • 神秘的な雰囲気のゲームが好きな方

PS2アクションゲームの隠れた名作がリマスター化!

高評価ポイント

ICOや人喰いの大鷲トリコなどの名作アクションゲームを生み出しているチームの作品です。PS2で発売され、その独特の世界観とアクションゲームとしてのクオリティの高さで当時話題になりました。

このゲームは、アクションゲームによくある「魔法」「必殺技」「アイテム」などの要素が全くなく、画面上には必要最低限のゲージしかありません。

これは制作チームの工夫が凝らされている点であり、ゲームでありながらゲームらしくない作品を作ろうという想いが伝わってきます。

この作品の素晴らしい点は他にもあります。それはやはり巨像の存在感です。倒すべき巨像は16体おり、空飛ぶ巨像や砂漠の中を移動する巨像、体験を振り回す巨像などがおり、次はどんな巨像と戦うことになるんだろうと、ドキドキしながら巨像のいる場所にいくことになります。

通常のアクションゲームであれば、フィールドにいる雑魚敵を倒しながら進み、ボス戦へと向かいますが、このゲームの敵は16体の巨像のみです。道中はBGMもなく、ギミックをクリアしながら巨像のところへ向かうことになります。

そのため、フィールドがとても広く感じられるのもこのゲームの特徴です。BGMがない為、本当に広大な謎の世界を冒険しているような錯覚に陥り、ゲームに没頭できるのです。

バトルシステムはシンプルかつダイナミックです。巨像には弱点があり、そこに剣を刺しまくることで倒せます。
ただし、その弱点というのが主人公の1万倍ぐらい大きい巨像の頭の上にあったりするので、よじ登ったり、タイミングよく飛び乗ったりと、倒し方を自分で見つけることが必要になります。

巨人の弱点にたどり着くまでの過程は、非常に面白く、アクション性がかなり高いので、上手くいかないことが何度もあります。そして、何度目かのトライで成功した時にめちゃくちゃ嬉しいんです(笑)

低評価ポイント

レベル上げややりこみ要素が好きな方にとっては、あまり自由度は高くない為、不満に感じるかもしれません。

PS4になり、もともと美しい世界がさらに神秘的に美しくなっていますので、ぜひあなたも巨像を倒す冒険に出てみては?


テイルズオブベルセリア

こんな人におすすめ

  • 爽快感のあるアクションが好きな方
  • アクションRPGが好きな方
  • ダークな物語が好きな方

弟を殺されたベルベットの復讐の物語!

高評価ポイント

これまでに20作品以上のタイトルが出ている人気シリーズですが、その中でも人気が高くと異質と言われているのが「テイルズオブベルセリア」です。

こちらは正確にはリマスターではなく、PS3とPS4で発売されたゲームなのですが、内容が素晴らしいゲームでしたので紹介させてもらいます。

内容としては王道で、エンカウントした敵を倒しながらフィールドやダンジョン、街を冒険していくというRPGです。特に他の作品と比べても、戦闘の爽快感とストーリーの質が高いと言われています。

戦闘面においては、今までのテイルズシリーズと同様に、コマンドを入力することで術や技を発動することができ、通常攻撃→術技→奥義というように組み合わせることでコンボとなり、大ダメージを与えることが出来ます。

ただし、今までのテイルズシリーズとは異なり、通常攻撃という概念がなく、全ての攻撃が術技になります。1~4段目まで○×△□に術技をセットすることができ、全部で16の術や奥義をセットできます。

相手の弱点属性を突くことで、敵をダウンさせることができ、自分が連続で繰り出せる術技の数が増えていくため、相手の弱点となる技を積極的に使うことが大事です。

また、ストーリーとしては主人公が正義の味方というよりは、自分の手も汚す復讐者というキャラクターなので、勇者が世界を救うという物語とは一味違います。

衝撃的な展開や主人公の葛藤など、プレイヤーを飽きさせない物語なのでファンからも評価が高いのです。

低評価ポイント

不満点としては、テイルズシリーズは戦闘がメインのゲームになるので、戦闘システムが気に入らなかったり、飽きてしまったらゲームを続けるのがしんどくなってしまうことでしょう。

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ

こんな人におすすめ

  • ファイナルファンタジーシリーズが好きな方
  • 戦略性の高いRPGが好きな方
  • 探検したくなるような広大なフィールドやダンジョンが好きな方

ファイナルファンタジー史上最もワクワクする世界へ!

高評価ポイント

ファイナルファンタジーⅫは当時の最先端のバトルシステムやオープンワールドのような広大な世界を作り上げた大作です。

ただ当時はまだプレイヤーが、オープンワールドに馴染みがなく、さらにFFと言えばターン制バトルという認識が強かったため、あまり評価は高くありませんでした。

しかし、現在はオープンワールドがRPGゲームの主流であり、プレイヤーもそれを求めるようになってきたため、本作は再評価されてリマスター化へと至りました。

このゲームの素晴らしい点は、主に3つあります。

1つは、世界観です。中世の欧州の街並みを思い出すような街と、近未来的なマシーンが飛び交う世界は冒険するだけでもワクワクします。

そして、戦闘システムも秀逸です。ガンビットシステムと呼ばれるキャラクターたちの行動を事前に登録しておくことで「HPが30%以下の味方にケアル」「アッシュにプロテス」といった行動を自動で行えます。

もちろんリアルタイムで指示を出すこともできるので、ピンチの時には自分で操作することが重要になります。このシステムは非常に戦略的で、自分の考えていた通りにバトルが展開すると、完ぺきに敵を倒すことが出来て気持ちが良いです。

敵のレベルも現在のゲームに比べると高いので、最近ではあまり見なくなったレベル上げが必要であったりと、やりごたえのある戦闘を楽しめます。

最後は、やりこみ要素です。世界中にクエストや召喚獣がおり、ラスボスより強い召喚獣もたくさんいるので、カッコいい召喚獣を手に入れるために各地を探索するのが楽しいです。

低評価ポイント

ストーリーはFFシリーズの中では正直イマイチな部類に入ると思います。主人公の影が薄いので、物語はあまり考えずに冒険を楽しむ方がこのゲームの楽しみ方としては正しいのでしょう。

いかがでしたか?10年以上前に発売したソフトでも今のゲームよりも面白い作品はたくさんあります。ぜひPS4で甦った名作たちをプレイしてみてください!

-PS4, RPG, アクション, ゲーム

© 2022 はる夫婦の自由な暮らし Powered by AFFINGER5