トラブル 新婚生活 詐欺

ライフクリエイトサービス㈱に危うく騙されかけました 【電力の訪問セールスには要注意!】

先日、危うく詐欺会社の社員に騙されそうになったので情報を共有しようと思い、今回は記事にしてみました。

もう既に同じような経験をされた人もいるかもしれませんが、誰にでも起こりえることなので、是非この話は頭の片隅に入れてもらい、いざ詐欺セールスが来た時に騙されないようにしてもらえたらと思います。

体験談

私のプロフィールとしては関西に住む、20代の会社員で妻と二人暮らしです。土曜日の午前中、私が不在時に妻が1人で家にいるとインターホンが鳴り、早口で会社名を名乗り「この地域一帯の電気の供給方法が変わり、以前より安くなるのでご説明にきた」という男が来たとのことでした。

その時、販売員の男は妻に「関西電力のご契約者様ご本人ですか?」と聞いたそうで、妻が「違います」と答えると、「何時ごろにご主人様は帰ってこられますか?」と言い、妻が午後であることを告げると「また午後に来ます」と言って帰っていったそうです。

この話を私は妻から先に聞いていたので、「そんなことあるのかな?」と思い、ネットを調べていると関電の人が訪問販売に来ることはない、電気の訪問セールスは怪しい!という記事を目にしました。

妻は会社名を聞き取れていなかったので、具体的にその会社を調べることはできませんでしたが、警戒した状態で男の再訪に臨むことができました。今思うと本当にそういう記事を見ていてよかったです!!

そして午後になって販売員が家に来ました。100%詐欺かはわからなかったので、玄関口で説明を聞くことにしました。

販売員と顔を合わせたところ、さわやかな20代の青年であったため、まったく怪しさがありませんでした。(むしろイケメンでした笑) 名刺を首からフォルダーで下げていたため、会社名はしっかりと記憶しました。

会社名は「LCS株式会社(ライフクリエイトサービス株式会社)」と書かれていました。

そして話の内容としては、

  • エルピオ電気に変更することで基本料金がタダになる
  • 1年間で4,000~5,000円はお得になる
  • 同じマンションのほとんどの住民はもう既に切り替えが完了している
  • 1点だけ注意点は、請求明細書の請求元が関西電力ではなくなる

ここまで聞いた時点では、そこまで怪しさは感じなかったのですが、説明が終わった後に急に「それではこの契約書にご記入いただきたいのですが、関西電力からの料金明細や検針票を見せていただけますか?」と言われました。

この瞬間に私は「こいつ、、怪しい!!怪しすぎるぜ!!!」と感じました。

説明したその場ですぐに契約する時点で、個人的にはあり得ないのですが、料金明細や検針票は完全に詐欺人が使う言葉です。関西電力の関係者だったらそんな情報、見せてもらわなくてもわかっているので聞いてくるはずがありません!

ここで完全に詐欺だと思ったので、「今すぐ料金明細は出てこないので、今回はやめておきます」と告げました。すると「もう少し探してみていただけませんか?」と粘ってきたので「一度考えてからご連絡したいです」とはっきり言いました。

するとすっと引き下がり「またネットなどで調べてみて下さい。ネットからの契約よりも今契約する方が安くなりますが」がなどとあり得ないことを言って帰っていきました。

連絡したいと言ったのにもかかわらず名刺も渡さずに帰って行ったので、間違いなく詐欺でしたね。本当に気づけて良かったです。

【2021年4月追記】ライフクリエイトサービスの社員が我が家に来た時にはホームページは存在しなかったのですが、4月現在はホームページが作成されています。ネットで検索された時に、怪しくないことをアピールするための工作かと思います。

電力の訪問セールスが来た時の注意点

絶対にその場で契約しない

基本的なスタンスとして、電力にかかわらずですが訪問販売でその場ですぐ契約するのは危険です。電力の場合は、関西電力や東京電力などが訪問販売をすることはまずないと思っていいでしょう。

とりあえず持ち帰って一度ネットなどで検索してみましょう。その際、会社名・部署名などは確認するようにしましょう。名刺をもらえないか聞いてみて反応を見るのも効果的です。

料金明細や検針票を見ようとしてきたら99%詐欺

電力会社の社員は基本的に、検針票の情報などは知っているのでそのような情報を見る必要がありません。情報を見せてしまうと勝手に契約を変更されてしまう危険性もあります。

個人情報をあの手この手で引き出そうとしてくる販売員は要注意です。

下記の会社名は詐欺会社の可能性大です

ツイッターや他の記事で詐欺会社と疑われている会社名です。LCSは私が被害にあった会社です。

  • LCS(ライフクリエイトサービス)
  • ひまわり電気
  • ハルエネ
  • ネクストエナジー
  • ジニーエナジー
  • Patch
  • 日本ライフサポート

もし誤って契約してしまったら

もし契約した後にこの記事を読んで、詐欺だと気づいた方!まだ大丈夫です。安心してください。

契約から8日間以内であればクーリングオフ制度が使えます。

クーリング・オフは、いったん契約の申し込みや契約の締結をした場合でも、契約を再考できるようにし、一定の期間であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる制度です

引用元:国民生活センター

国民生活センターの方が相談に乗ってくれるので、早めに連絡を取りましょう。

http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coolingoff.html

8日間までは無条件で契約を解除できると記載されています。詳しいクーリングオフ制度の申し込み方は、上記のリンクから調べられます。

まとめ

「電力の供給元が変わる」「電気代が安くなる」などの訪問販売が来た際には慎重に対応しましょう。その場で契約しない個人情報を見せないことが本当に重要です!人を騙して稼ぐ人がこの世からいなくなることを願います。

-トラブル, 新婚生活, 詐欺

© 2022 はる夫婦の自由な暮らし Powered by AFFINGER5